植物を使用した再生繊維

再生繊維とは

再生繊維とは、化学繊維の種類の一つで天然繊維を原料としてレーヨン、ポリノジック、キュプラ、リヨセル、アセテート、テンセル、モダールなどが該当します。
セルロースが主な原料となっていることが多く、例えばレーヨンとポリノジックは木材パルプから、キュプラはコットンリッターというワタから綿繊維をとったものが原料になっています。再生繊維の製法はこれらの原材料を化学薬品で溶かし、細長い繊維に再生することで作られています。

合成繊維と再生繊維の違い

植物が原料となっている再生繊維は、石油が原料となっている合成繊維との違いは天然繊維に似た性質を有しているところにあります。
イメージとしてはそれぞれ原料が同じ、レーヨンとポリノジックは紙と、キュプラはコットンと近い性質があります。

再生繊維を使用するメリット

植物由来の再生繊維のメリットは微生物が分解しやすく、焼却した場合でも有害物質がほとんど出ないため環境に優しいという点が挙げられます。
そのほかにも、吸湿性と訪室性に優れ、熱や静電気にも強いといった特製があり、デザイン面では染色に迫りやすく、光沢がありドレープ性に優れているということが挙げられます。
ただし、摩擦によりフィブリル化が発生しやすいというデメリットもあります。

タンパク質を使用した再生繊維

牛乳タンパクなどを使用したガゼイン繊維のほか、落花生タンパク繊維、とうもろこしタンパク繊維、大豆タンパク繊維などがあり、「再生タンパク質系繊維」と呼ばれています。

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…
  2. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…
  3. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…
  4. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…
  5. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…

人気の記事

  1. 女性用浴衣
  2. 衣類のシワ
  3. 雨の日のファッション
  4. 膝掛け
  5. 大人女子会
ページ上部へ戻る