青苧(アオソ)

青苧(アオソ)とは

青苧(アオソ)は、山野の特に人家の近くに生えるイラクサ科の苧麻の茎から剥ぎとった茎のこと、または皮を晒して細く裂いて粗繊維にしたもので、茎が青く、透明感のある繊維であることから青苧(アオソ)と呼ばれています。江戸時代には高級織物の生地として珍重され、武士の裃や富裕層の単衣などに使用されていました。
青苧(アオソ)は繊維の色によっては赤苧や白苧とよばれることもあり、そのほか「からむし」や「まお」などとも呼ばれています。厳密には異なりますが、英語ではラミーと呼ばれています。
越後や近江での生産が有名で「越後上布」、「小千谷縮」「近江上布」などが有名です。特に越後産は質がいいことからブランド化がすすみ中世期においては青苧座という商業組織を結成するまでに成長している。
しかし、工業化が進んだ明治期は養蚕が盛んになり青苧(アオソ)の需要は減退し、一時期の勢いは今はありません。

この用語に関連する記事
リネンとラミーの違い | 麻の種類

<サイトのトップページに戻る>
タスキジ

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…
  2. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…
  3. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…
  4. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…
  5. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…

人気の記事

  1. 女性用浴衣
  2. 衣類のシワ
  3. 膝掛け
  4. 雨の日のファッション
  5. 大人女子会
ページ上部へ戻る