藍染め

藍染めとは

藍色のインディゴを染料とした染物のことを指します。古くから日本の生活に密着し、特に江戸時代には藍で染められた生地に防虫効果があることから浴衣をはじめとして庶民の衣類に多用されており、徳島県の阿波藩における生産が盛んだったことから現在でも生産が盛んです。

藍建て

藍染めは、タデ藍の葉を発酵・熟成させた染料であるスクモを固めた「藍玉」を用いて染める。しかし、藍の染料は不溶性なため水に溶けないため、発酵させ還元作用によってアルカリ性にすることで染色できる状態にする。
これを「藍を建てる」ということから藍建てと呼ばれており、この候ては発酵建てという。発酵建ては土中に埋めた藍甕の中で温度管理をしながら行われ、発酵状態を管理しながら糸が染められる。

この用語に関連する記事

<サイトのトップページに戻る>

タスキジ

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…
  2. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…
  3. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…
  4. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…
  5. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…

人気の記事

  1. 雨の日のファッション
  2. 膝掛け
  3. 女性用浴衣
  4. 大人女子会
  5. 衣類のシワ
ページ上部へ戻る