スパン糸の甘撚りと強撚

リネン

糸の撚り

短繊維から作られるスパン糸は、糸を作る際の撚りの強さを変えることで生地の厚みやシーズンが変わります。
「甘撚り」と呼ばれる糸は、スパン糸の中でも撚りの回数が少ないもので生地はふんわりと柔らかい仕上がりになるため、ニット用の糸などで使用されています。機能的には空気を含みやすく保温性があるため秋冬向けの衣類に向いています。
一方で、「強撚」と呼ばれるスパン糸は撚りの回数が多く、ハリやコシが強く滑らかな糸になります。強燃糸はで作られた生地は薄く、ハリコシがあり、サラサラとした手触りやシボなど清涼感があるのが特長です。また通気性が良いため春夏向けの衣類に向いており、特にウールは吸湿性があるため蒸れず、爽やかな着心地なためサマーウールと呼ばれています。
もう一つ強撚の特徴として、ドレープ感(落ち感)が良いことが挙げられます。甘撚りと比べると繊維の密度が高いため、重量があり下に落ちようとするする力が強くなります。そのため体の線に沿うようなシルエットを演出したい場合は強撚糸が向いています。

撚り別の注意点

「甘撚り」の場合は、撚りが弱いため繊維同士の絡まりが弱く、摩擦に弱いという点が挙げられます。着用時の激しい動きで糸が擦り切れたりするほか、毛羽立ちや毛玉も発生しやすくなります。
「強撚」の場合は、撚りが強いため縮みやすい点が挙げられます。強撚糸は、もともと縮んだ繊維を強く引っ張って織っていますが、これが水洗いやスチームアイロンで緩和してしまうと縮みの原因となります。そのため強撚糸で作られた衣類は水洗いが出来ず、ドライクリーニングが指定されていることが多くなっています。アイロンがけの際はスチームを少なめにしましょう。

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…
  2. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…
  3. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…
  4. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…
  5. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…

人気の記事

  1. 雨の日のファッション
  2. 女性用浴衣
  3. 大人女子会
  4. 衣類のシワ
  5. 膝掛け
ページ上部へ戻る