ウール服の縮みや毛玉などの注意点

羊毛・羅紗・ウール・ラシャの縮みと毛玉

ウール服の弱点

ウール服は水洗いにより縮みやすい性質があります。最近は水洗いできるウールスーツが出てきていますが、それは特殊な防縮加工が施されているものに限られています。そのためウールはドライクリーニングが基本です。
では、なぜウールは縮むのでしょうか?仕組みを知ってお気に入りのウールが長く使えるようにしましょう。
また毛玉についても原因と対策をまとめています。

ウール服が縮む仕組み

ウール服が縮む理由は2つあります。

緩和収縮による縮み

クリンプ(縮毛)が原因となる縮のことで、本来ウールは織り上げられるときに強く引っ張られており、クリンプは伸ばされた状態になっています。
そして緩和収縮とは伸びていたクリンプが水分によって元に戻っている状態です。ほとんど着用自体には影響はないですが、もしウール服が雨などに濡れて縮んだと感じた時はスチームアイロンを生地を引っ張りつつかけると回復します。

フェルト収縮

羊の毛は人間の髪の毛と同じでキューティクルがありますが、このキューティクルを羊毛の場合スケールと呼び、キューティクル同様うろこ状の形状が重なり合っています。
そのため根元から毛先へは滑りやすいのですが、毛先から根元へは滑りにくくなっています。つまり一度滑ってずれた繊維は元に戻りにくいので収縮が徐々に発生します。
またスケールはお湯やアルカリでも開きやすい性質があるので、弱アルカリ性の合成洗剤やお湯を使って洗濯をするとスケールがより開いてしまいます。
さらに洗濯を行うと揉み作用が発生するため収縮し、最終的にはフェルトのように硬くなるためフェルト収縮と言います。
一度フェルト収縮を起こした服は強い力で引っ張っても回復することができないため、家庭での洗濯が禁止されドライクリーニングのマークが付いてます。

家庭でウールを水洗いする方法

あまりお勧めしませんが、どうしても水洗いをしなければいけない時は冷たい水に中性洗剤をよく溶かし、数分押し洗いする程度であれば縮みは最小限に抑えられます。ただし、スーツなど汗が直接つかないものに関しては表地は多少平気でも裏地や付属品は水洗い厳禁な場合があるので、自信がない方はクリーニング店に任せることをおすすめします。

毛玉(ピリング)の発生原因と対策

着用やクリーニング、摩擦によって発生する毛玉のことをピリングと言います。ピリングはどの服でも発生するものですが、ウールはスケールやクリンプがあるため特に発生しやすい素材です。
しかし、摩擦によって毛玉になる前に自然脱落するため目立ちにくく気づかないことが多いです。
ただし、秋冬のウール服は糸の撚り甘く、膨らみがあり柔らかいなど自然脱落する間に毛羽立ち毛玉が目立ちます。毛玉は完全には防止できませんが、着用後に毛足の長いブラシでブッラシングして毛並みを整えたり、着用頻度を抑え生地を休ませることで型崩れしにくく毛玉も発生しにくくなります。

摩擦の起きにくいコーディネートと環境を避ける

ウールセーターの上から普通の袖の上着を着るなど衣類同士が密着するようなコーディネートは脇の下などに摩擦が発生しやすくなります。
また体型に合わない服を着たり、動きの激しいシーンでの着用も強い摩擦がかかるので毛玉ができやすくなります。

毛玉ができたときにしてはいけないこと

毛玉が発生他時にもっともしてはいけないのは引っ張ってむしりとることです。絡まった繊維が毛羽立ってしまい次の毛玉の発生要因となります。
毛玉ができた場合は、まずブラッシングをして、それから引っ張らないようにハサミで切り取りましょう。

関連する記事
ウールとは?春夏も秋冬も活躍する素材の特長

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…
  2. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…
  3. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…
  4. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…
  5. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…

人気の記事

  1. 大人女子会
  2. 膝掛け
  3. 女性用浴衣
  4. 衣類のシワ
  5. 雨の日のファッション
ページ上部へ戻る