合成繊維の衣類の特徴と注意点

アイロン

合成繊維とは

合成繊維とは、自然界の素材を使用した天然繊維に対して、科学的に作られた繊維のうち石油を主原料とした繊維のことです。特に衣類に使用されている素材としてはポリエステル、ナイロン、アクリル、ポリウレタンなどが挙げられます。

合成繊維の特徴

合成繊維に共通する特徴として、大きなものが二つあります。一つ目が「吸水性が低い」、二つ目が「熱可塑性」です。それぞれ解説します。
・吸水性の低さ
合成繊維は石油で作られていますが、衣類以外の石油由来のものとしてはプラスチック、ビニール、ペットボトルなどがあります。これらの製品は、いずれも水を通さないという共通点がありますが、実は合成繊維も同様の傾向があり、ほとんど水を吸水しません。
そのため水が原因で発生する縮みやシミ、風合いの変化がなく、合成繊維で作られた服は水の影響を受けにくい性質を持っています。また、水を吸収しないので脱水機にかけるとすぐに乾燥しているような状態になります。
・熱可塑性
熱可塑性は、簡単に言うと熱を加えたあと冷やすと「形状が固定される」性質のことです。スカートのヒダなどはこの性質が利用されています。また、天然繊維に合成繊維を混ぜることで折り目を固定したものもあります。
・その他の特徴
合成繊維には、上記二つ以外にもいくつか下記のような特徴があります。
●繊維に弾力性があるため洗濯でシワになりにくい。
●虫害の心配がなく、カビも生えない。
●繊維の形状を変えることで、シルクのような光沢を出したり保温性などの機能性を向上できる。

合成繊維の注意点

合成繊維は熱に弱いことが特徴です。原料が同じプルラスチックやビニールと同様に高温に触れると溶けてしまいます。そのため衣類の場合ではアイロンがけに注意が必要で、温度設定が高温だと硬くなったり、縮みや溶けるなどの変化が発生します。またアタリやテカリの原因にもなります。

この記事に関連したオススメの記事カテゴリー
合成繊維に関連した記事

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…
  2. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…
  3. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…
  4. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…
  5. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…

人気の記事

  1. 膝掛け
  2. 雨の日のファッション
  3. 女性用浴衣
  4. 衣類のシワ
  5. 大人女子会
ページ上部へ戻る