夏場に役立つ吸汗、速乾、冷感素材の仕組み

吸汗、速乾、冷感素材

吸汗、速乾、冷感素材とは

夏場が近づくと肌着やシャツ売り場で吸汗、速乾、冷感を謳う商品が増えてきます。
従来、合成繊維は吸水性がないため水の影響を受けて縮みやシミ、風合いの変化が発生しにくいのですが、反面、汗をかいても吸収されず肌がべたついたり、ムレることが欠点でした。しかし、これらの欠点を解決した素材が吸汗、速乾、冷感機能付きの素材として売り出され、最初はスポーツウエア中心でしたが今では普段着や肌着などでもよく使用されています。

吸汗、速乾、冷感素材の仕組み

吸汗、速乾に優れたポリエステルを例にすると、機能の秘密は繊維の形状にあります。合成繊維は用途によって形状を変化することが可能ですが、吸汗、速乾の場合は繊維にミゾを作ることによって、そのミゾを伝って水分が広がりやすくなっています。つまり、実は繊維が水分を吸収しているのではなく、水分を薄く広がらせることによって蒸発させ、吸汗、速乾性を向上させているのです。
また、水分は蒸発することによってヒ皮フの表面にある熱を奪うため、水分が蒸発しやすい素材は冷感機能も備えています。

夏場の暑さが辛い時期は、こういった機能性素材を積極的に取り入れて熱中症対策などに役立ててください。

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…
  2. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…
  3. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…
  4. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…
  5. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…

人気の記事

  1. 大人女子会
  2. 膝掛け
  3. 女性用浴衣
  4. 雨の日のファッション
  5. 衣類のシワ
ページ上部へ戻る