日焼け・紫外線対策に有効なポリエステル衣類の特徴と注意点

布生地

ポリエステルの特徴

ポリエステルは、合成繊維の一種です。合成繊維共通に共通する特徴以外では酸やアルカリに強いため洗剤の影響を受けにくいことが挙げられ、洗濯の際は衣類へのダメージを気にせずに洗うことが可能です。
また、ポリエステルは天然繊維と混ぜて使用されることが多く、吸水性を付与したり、繊維の強度を高めたりします。
加えて、ポリエステルを使用した衣類を着るメリットとしては日焼け対策が挙げられます。構造上、紫外線を吸収しやすいポリエステルを着心地の良い綿の混紡素材が紫外線対策用の服によく使われています。

ポリエステルの注意点

ポリエステルの服は下記の点に注意が必要です。
・強度が弱くなる加工がされている場合が多い
ポリエステルは減量加工されている場合が多く、減量加工は強アルカリ性の薬品で繊維の表面を溶かし、細くしなやかにする加工です。
減量加工をすると生地を薄くすることなどが可能ですが、強度が落ちたり繊維同士の隙間が開きがちなので、生地の破けや目寄れが生じやすくなります。着用時も滑りの悪いベルトと組み合わせたり、サイズの合わないものは選ばないようにしましょう。
・汚れが移る場合がある。
白や淡い色のポリエステル衣類を汚れのひどいものと洗濯をすると汚れを吸収して黒くなることがあります。逆汚染という現象で、ポリエステルの服を洗うときは、他の汚れのひどいものと一緒に選択することを避けて、短時間で洗いましょう。
また油を吸着しやすい性質も持っているので、油汚れにも注意が必要です。
・アイロンがけ
アイロンは、150度前後の中温で、テカリ防止の当て布をして行いましょう。他の合成繊維同様に高温に弱いので注意が必要です。

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…
  2. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…
  3. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…
  4. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…
  5. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…

人気の記事

  1. 女性用浴衣
  2. 膝掛け
  3. 雨の日のファッション
  4. 衣類のシワ
  5. 大人女子会
ページ上部へ戻る