リネンとラミーの違い | 麻の種類

女性用浴衣

【まとめ】リネンとラミーのちがい

  • リネンは、独特のシャリ感がある一方で水洗いに弱い。
  • ラミーは、ハリがあり繊維が太くしっかりしているため水洗いに強い。

リネンとは?

白いイメージのある麻ですが、本来は亜麻色と言われる肌色に近い色をしていますが、それを洗いや漂白することでさっぱりした白色となります。リネンはハンカチやシャツ、サマードレスなどの製品の素材として使われています。
リネンのシャリ感は天然の樹脂が繊維に付着しているため感じる要素ですが、この樹脂は洗いすぎると取れてしまいます。そのためリネンの服には風合いを生かしたものが多く、ナチュラル感や糸むらがあります。
何度も洗濯して、風合いの変化や肌への馴染み具合を感じるのもリネンの楽しみ方ですが、柔らかくなるのが嫌なのであればドライクリーニングをお勧めしますただし汗汚れは落ちにくいので注意してください。また既に柔らかくなったものに関しては糊付けすることで元の風合いに近づきます。

ラミーとは?

リネンと違いハリがあり繊維が太くしっかりしているため水洗いしても風合いが柔らかくなることはありません。このようにハリやコシが非常に強いためラミーは夏物の和服や浴衣の生地に使われています。またラミーを漂白して汚れを取り除くと「絹麻」と呼ばれる光沢のある素材になります。

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…
  2. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…
  3. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…
  4. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…
  5. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…

人気の記事

  1. 大人女子会
  2. 雨の日のファッション
  3. 女性用浴衣
  4. 膝掛け
  5. 衣類のシワ
ページ上部へ戻る