繊維と糸の違いと種類

布生地

繊維と糸の違いと種類

繊維と糸はなんとなく同じようなものと捉えられがちですが、実は厳密には違います。「繊維」が複数集まり長く繋がったものを「糸」と呼びます。
また繊維や糸は複数の種類があり、その形状の違いで生地の性質や服の表情が変わってきます。

繊維の種類

繊維は「短繊維(ステープル)」と「長繊維(フィラメント)」に分けることができ、短繊維は綿状の短い繊維、長繊維は細長い繊維のことを指します。
代表的なところでは、麻やコットン、ウールは短繊維、化学繊維やシルクは長繊維にぶんるいされます。また長繊維の化学繊維を加工して、あえて短繊維にする場合があります。

糸の種類

糸は長繊維を使用した「フィラメント糸」と「スパン糸」に分けることができます。
フィラメント糸の特徴は、繊維自体の太さに加えて、合わせる繊維の本数で異なります。シャキッとした感じをだすのであれば「モノフィラメント(1本の繊維)」、柔らかい雰囲気を出すのであれば何本ものフィラメントを合わせた糸の方が適しています。
フィラメント糸はなめらか光沢があるのが特徴なため天然繊維のシルクがウエディングドレスに使用されています。また化学繊維であればレオタードやストッキング、タイツに使用されており、独特の光沢や透け感を出すために使用されています。

一方で、紡績糸とも呼ばれているスパン糸は短い繊維に撚りをかけることで糸にしています。この撚りを強くしたり弱くしたりすることでスパン糸は特徴や風合いを変化させることが可能です。
また、場合によっては長繊維を短くして、短繊維と同じように糸にすることで全く別の表情を生地に生かすことがあります。

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…
  2. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…
  3. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…
  4. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…
  5. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…

人気の記事

  1. 雨の日のファッション
  2. 女性用浴衣
  3. 衣類のシワ
  4. 大人女子会
  5. 膝掛け
ページ上部へ戻る