【コットンの洗濯】3つの取り扱い注意点 と着用のコツ

シワになったシャツを着た女性

便利なコットンにも弱点がある?

吸汗性・伸縮性に優れ、軽いコットンですが、洗濯や着用による劣化が発生するため気をつけないといけないポイントがあることをご存知でしょうか?
それは、

  • 水洗いで縮む
  • 着用や洗濯で白くなる
  • 着用や洗濯でシワになる

の3点です。解決方法もふくめてまとめてみました。

水洗いで縮む

コットンは水洗いに強い繊維ですが、一方で水分を吸収すると繊維が太くなる性質があるため糸同士が引っ張り合い全体を縮めてしまいます。
しかし、水洗いで縮んだ衣類に関してはスチームアイロンで引っ張りながらかけることでほぼ元の寸法に戻すことができますのでお気に入りのTシャツが縮んでしまっても慌てなくて大丈夫です。
ただし、タンブラー乾燥機や回転式の強制熱乾燥をしてしまうとスチームアイロンでは治せなくなるので注意してください。ある程度ですがもう一度水に浸してスチームアイロンをかけると回復しますが、完全には戻りません。

着用や洗濯で白くなる

コットン製の濃い色のジャケットの襟や袖口が色落ちして白くなったり、鮮やかな濃い色のTシャツが急に色落ちした経験はありませんか?
安物ををつかまされた!と怒りたくなりますが、これは実は白化現象とよばれるものなのです。
コットンは短い繊維の集まりで、それを撚り合わせて一本の糸を作ります。そのため摩擦で糸がこすられると内部の繊維が毛ばたち白く色落ちしたように見えてしまいます。
藍染など染料によっては表面しか染まらない場合がありますので、その場合はより白化しやすくなります。

着用や洗濯でシワになる

コットンのYシャツやジャケットのシワが気になったことはありませんか?
実はコットンには柔軟性がなく、一度繊維が折れ曲がると戻りにくく、シワが発生しやすくなっています。
しかし、このシワはスチームや霧吹き、半乾きの時など水分を含んでいる時であれば簡単に治せます。

関連する記事
家庭でできる衣類のシワ取り・防止

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…
  2. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…
  3. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…
  4. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…
  5. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…

人気の記事

  1. 女性用浴衣
  2. 雨の日のファッション
  3. 大人女子会
  4. 衣類のシワ
  5. 膝掛け
ページ上部へ戻る