アクリル衣類の特徴と注意点

アクリルのニット

アクリル衣類の特徴

アクリルは化学繊維の中でももっともウールに似ています。化学繊維ならではの特徴として繊維の形状をコントロールできるという点が挙げられますが、変化させることで繊細なカシミア風から粗いモヘヤ風まで様々な獣毛衣類に近ずけることが可能です。作り方によってはウールよりも軽く柔らかにすることができ、そのふんわりとした素材は空気を多く含むことができるので暖かく感じることが可能です。
アクリルを使用するメリットは天然繊維と混ぜることで強度を強化して、軽くて丈夫な糸を作ることができるなどが挙げられます。特にニット製品に適した素材です。また、製法によってはシルクのような光沢を再現することができ、シルクのように褪色や変色しないといったメリットもあります。

アクリル衣類の注意点

アクリルは、他の合成繊維同様に熱に弱いので気をつけて下さい。アイロンの温度はは80~120度の低温で当て布をしてかけてください。また、タンブラー乾燥も避けるようにしてください。フェイクファーやボアに関しては、アイロンのスチームだけでも溶けてしまう場合があるのでアイロンは厳禁です。
ニット製品に関しては、洗濯の際に型崩れする場合があるので、干す際には形を整えて平干ししてください。アイロンがけはスチームを当ててから、浮かしながら形を整えてください。

この記事に関連したオススメの記事カテゴリー
合成繊維に関連した記事

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…
  2. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…
  3. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…
  4. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…
  5. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…

人気の記事

  1. 大人女子会
  2. 膝掛け
  3. 衣類のシワ
  4. 雨の日のファッション
  5. 女性用浴衣
ページ上部へ戻る