男性用浴衣の選び方【生地・柄・着こなし】

夏祭り

男性の浴衣の生地選びのポイント

浴衣の多くは木綿で作られており、裏地が無く、昔はお風呂上がりに着用して、そのまま就寝していました。今でも、温泉では浴衣がくつろぎ着、寝巻きとして置いてあります。6月〜9月の夏には外出着としても着用されており、夏の涼しげな印象が粋な装いです。お祭りでは5月〜9月位までと着用期間が長くなります。浴衣は着物よりも日常的にリラックスするときに着るものといえるでしょう。
生地は木綿が主なものですが、フラットで目の詰まったコーマ生地や透け感のある綿絽、節のある糸で凹凸を表現した紬、シャリ感のあるちぢみと、夏らしい涼しげな織りで工夫されています。これらの生地に柄を染めたり、縞や格子の柄を違う色の糸で柄を織って(先染め)粋を表現することで、夏らしい和のファッションを楽しむことができます。
木綿のほかには麻や麻と綿の交織(綿と麻を交ぜて織る)があります。麻の割合が多いほど涼しく夏向きの生地となります。
袖口が広く、脇は大きく開いており、湿度の多い日本の夏でも涼しく、風通しが良い作りになっています。

男性の浴衣の選び方

男性の浴衣は単色で表現されるものが多く、生地だけ見ると洋服に比べ地味な感がしてしまうかもしれません。しかし、実は目立たないところで工夫がされており、前出の先染めで織られた格子や縞も点線で表現したり、かすれさせたりとアレンジしています。また、染め(プリント)だと名前が面白く、吉原つなぎは縞と鎖を交互に染めた柄、歌舞伎の七代目市川団十郎が好んだ、かまわぬ柄といって鎌と○(輪)で描いた柄などがあり、ユーモアがあるものも多いです。
帯は、角帯という硬く幅が10cmと狭いものは格式が高く、一方で兵児帯は柔らかく幅が広く結び方も角帯より簡単に結べるものがあります。
浴衣の柄や色と腰にラインを作る帯のバランスで浴衣の着こなしが決まり、帯の位置は腰に引っかかる様に低めに、前を下げてバランスをとると男性らしく粋に着こなせます。
柄の名前や由来も興味深く、日本独自の浴衣を着て夏を楽しんでください。

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…
  2. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…
  3. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…
  4. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…
  5. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…

人気の記事

  1. 衣類のシワ
  2. 膝掛け
  3. 大人女子会
  4. 女性用浴衣
  5. 雨の日のファッション
ページ上部へ戻る