女性用浴衣の選び方【生地・柄・着こなし】

女性用浴衣

女性用浴衣の生地選び

夏のお祭りや、花火大会が近づいてくると気になるものに浴衣があります。日本の夏の風物詩でもある浴衣の選び方についてご紹介したいと思います。
浴衣は着物と同じ作りですが、裏地が無く肌着の上に直に着るものです。木綿が主体ですが、麻との交織(綿と麻を交ぜて織る)もあり、夏らしく涼しげです。
木綿のコーマ生地や、コーマよりも透け感があり涼しげな綿絽、凹凸を表現するために節のある糸を使った紬、シャリ感のあるちぢみなどがあり、清涼感があるのが特長です。
これらの生地に、染めで柄を表現したり、プリントしたり、色の違う糸で柄を表現(先染め)したり様々な意匠があります。

女性らしい浴衣の柄について

上述の生地に色々な技法で柄を表現していきます。伝統的な手法には、ろうけつ染めという糊を使って染まる箇所や柄を描くものや、絞り染めといって糸で括る、または板で生地を折って締めてから染める絞り染めなど、手間のかかる職人技によってつくられています。今は比較的リーズナブルな浴衣も多く店頭にありますが、こういったものは洋服のプリントと同様に機械でプリントした大量生産されているものです。ほかには、先染めで縞や格子、これらもかすれさせたり、点線で表現したり工夫されたものもあります。
女性の浴衣の柄は、花や蝶など意匠感が豊かで、柄の種類や色使いで華やかさや女性らしさが表現されています。例えば、可憐な撫子は優美さや笑顔、蝶は長寿や復活、変化といった力強さ、菖蒲は礼節や必勝といった凛とした風情があり、年代やイメージによって選ぶと良いでしょう。色使いも、男性の浴衣とは違い、多色使いの華やかさや、着付けたときに出る柄の配置でリズムのある動きが美しく多彩です。

着こなしについて

次いで着方です。一番間違え易く注意したいことが、襟の合わせでしょう。洋服とは違い左が身体側になるように着てください。女性は、襟を抜くと、うなじを美しく見せ、ほっそりと可憐な印象になります。帯の結び方も蝶のようにリボン風に結ぶ、またはすっきりした印象の一文字結びなどがあります。
洋服とは違ったルールがあり、由来を考えながら、自分らしく浴衣を楽しんでください。

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…
  2. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…
  3. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…
  4. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…
  5. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…

人気の記事

  1. 膝掛け
  2. 女性用浴衣
  3. 雨の日のファッション
  4. 大人女子会
  5. 衣類のシワ
ページ上部へ戻る