結婚式での女性のドレスコードと適した生地

結婚式

結婚式での女性のドレスコードと適した生地

結婚のお祝いへのお呼ばれは、大変嬉しいものです。祝う側も華やかな気持ちになります。
そのような場には祝福の気持ちが新郎新婦に伝わるようなファッションで出席したいものですが、結婚式のファッションにもマナーとドレスコードがあります。
そこで、お祝いの気持ちを表現するのに適したファッションと生地をご紹介いたします。

結婚式での色使いとファッション

よく言われていることですが、白やベージュなどの色の薄いものでのワントーンコーディネートは花嫁のドレスのカラーとかぶってしまうので避けましょう。
そのためカラーをボレロやバッグで差すことでこれらの色のドレスでもマナーが守れます。また、黒一色でのコーディネートは暗い印象になるので、こちらも差し色を上手に使って華やかさを演出すると効果的です。
ノースリーブはマナーに合っていますが、肩が全部出てしまうドレスは、イブニング(夜の礼装になるので)ストールなどで肩を覆い、スカート丈は膝上5cmくらいのドレスが大人の女性らしさを表現できるでしょう。
そして季節感は羽織るものでアレンジすれば、季節を感じさせながらおしゃれを楽しめます。

結婚式に適した素材と、避けたほうが良い素材について

結婚式に適した素材は、やはり華やかなお祝いの席なので、生地でもエレガントさを演出したいものです。綿や麻よりは、シルクやシルクに似せて作った合成繊維が良いでしょう。
ただ、昼の披露宴ではあまり透けや光沢が強くないもので、シフォンやオーガンジーは透けすぎない厚さのものや、レイヤードで透け感を抑え、サテンやシャンタンはマットな光沢を選びます。加えてスパンコールやビジューの光ものが多すぎるファッションもNGで、なぜかというと夜イブニングの印象が強くなってしまうからです。また、秋冬ならベロアも合っているので選択肢に入れてみてください。
絶対にNGな素材は、ファーやアニマルプリントです。殺生をイメージしてしまうからです。
足元は、サンダルやブーツなどカジュアルなものではない、爪先とかかとの隠れるもので、素足ではなくストッキングを履いたほうがマナーに合っています。
ですが、一番のポイントは、あくまでも主役は花嫁であるということ、お祝いの気持ちを大切にすることを考えて、服を選びましょう。大切な思い出のシーンをファッションでも楽しんでください。

関連する記事
フォーマルウェアの選び方【女性編】

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…
  2. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…
  3. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…
  4. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…
  5. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…

人気の記事

  1. 膝掛け
  2. 女性用浴衣
  3. 雨の日のファッション
  4. 大人女子会
  5. 衣類のシワ
ページ上部へ戻る