寒暖差のある春先に楽しむレディースファッション

春物のレディース

寒暖差のある春先の悩み

寒い冬の季節が終わったものの、なかなか朝晩の寒さが続き雨が降ると気温が下がる春先、皆さんはどのような服の選び方をしていますか?衣替えのタイミングはいつ頃でしょうか?なかなか冬服がしまえずに、服選びを毎日悩んでいる方が多いと思います。今回はそんなアナタにぴったり素材をご提案します。

春を感じるニット素材とは?

春を感じるようになると、ずっと長く着ていたウールの素材のボリューム感から、軽さのある素材を着たくなってきますが、そうは言ってもまだまだ綿や麻では肌寒さを感じるでしょう。外ではコートを着ているのでインナーでいち早く春を取り入れたいものです。
冬はウールのへアリーなニットやボリュームのあるニットがトレンドですがデザイン性が高いだけに春に向けて、まずニットから衣替えをすることをおすすめします。
ニット素材にはウールや綿の100%のものの他に、アクリルやポリエステルの混紡(違う繊維を撚り合わせて作った糸)など様々な糸の表現があります。中でも春に向けておすすめしたいのは、綿をメインにシルクやカシミアをブレンドしたものです。シルクやカシミアというと、天然素材の中でも最高級で、素材の柔らかさや肌触りの良さ、光沢感や色の発色の美しさは高級素材ならではです。
そんな100%のカシミアやシルクには手が届かなくても、綿をメインに10%~20%このような高級素材の繊維が入るだけで綿100%とは全く違った風合いになる上に、価格もリーズナブルになります。カシミアならカシミアならではのウォーム感と柔らかさ、シルクならシルクならではの光沢感と落ち感が表現できます。また発色も美しく、淡いカラーが美しく仕上がるので春先のニットには最適です。

着こなしのアレンジ

コートのインナーのニットが明るく軽やかになっただけで、気分は春の気持ちの良さが感じられます。普通に重ね着のアイテムとしてニットを着るのはもちろんですが、せっかくの美しいカラーのニットをより長い期間活用していただくには、暖かくニットを着る必要のない日には、ストール代わりにアウターやシャツ、ブラウスの上に巻いてはいかがでしょうか?ベーシックなベージュのトレンチコートや白シャツが見違えるように、新鮮になります。

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…
  2. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…
  3. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…
  4. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…
  5. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…

人気の記事

  1. 女性用浴衣
  2. 衣類のシワ
  3. 膝掛け
  4. 大人女子会
  5. 雨の日のファッション
ページ上部へ戻る