細く見える服選びのコツ

ニットのワンピース

気になる体のラインを服で細く見せたい

せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く見えなければ台無しになってしまいますね。やはり、女性としては体のラインをスッキリと細く見せたいものです。体をほっそりスタイルアップして見える着こなしをご提案します。

細く見える服の生地選びのポイント

生地はあまり体にまとわりつかない適度なハリ感があるものが良いでしょう。服と体の間に適度なうき感、ゆとり感を作ることで、体の細さを連想させるテクニックです。細身のシルエットの服でも、この様な空間を作ることでスタイルアップ効果が期待できます。反対に、今年のトレンドのビッグサイズのファッションの場合は、薄手でドレープ感のあるしなやかな生地を選びましょう。流れるようなドレープで、たてのラインを表現して細身に見えるのです。この様なポイントを念頭に服を選んでください。

細く見えるための服の着こなしポイント(シルエットの作り方)

人にはそれぞれ体型に特徴があり、上半身はほっそりしているけれど、下半身ポッチャリの洋ナシ型、上半身が太めのがっしり型、全体ふっくらのポッチャリ型が代表的です。タイプ別にシルエットの作り方にポイントがあります。

【洋ナシ型】

下半身適度なゆとり感のあるボトムスを選び、ほっそりした上半身はコンパクトにまとめてください。この時上半身にアクセントカラーやアクセサリーをつけると視線を上半身に集中しスタイル良く見えます。

【がっしり型】

上半身に適度なゆとりや、ドレープ感のあるものを選び、下半身はタイトスカートや、細身のパンツでメリハリをつけてください。この着こなしで重要なポイントは、ゆとりのあるトップスをルーズにアウトで着ないで、インしてベルトをアクセントにしたり、フロントだけインして着崩したこなれ感を出すとおしゃれにかっこよく見えます。

【ポッチャリ】

ウェストをマークしてメリハリのある着こなしを心がけたり、手首や足首など、細いパーツを見せることでほかの部分も細く感じさせてくれます。決して、上下ゆったりメリハリのない着こなしはしないでください。

簡単にポイントをご紹介しましたが、これらのコツをマスターすれば、おしゃれがより楽しくなります!

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…
  2. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…
  3. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…
  4. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…
  5. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…

人気の記事

  1. 衣類のシワ
  2. 女性用浴衣
  3. 大人女子会
  4. 膝掛け
  5. 雨の日のファッション
ページ上部へ戻る