デリケートな子供の衣類に適した生地選び

子供服

デリケートな子供の肌

小さな子供は、肌が柔らかく敏感です。しかし、子供が生活する環境には車の排気ガスやPM2.5の飛散など、アレルギーを引き起こすきっかけとなる様々な物質が存在しているため子供の肌は常に危険に晒されています。子供を守るために出来ることから始めるためにも、第一歩はぜひ肌に直接触れる衣類から始めてください。

アレルギーのある子供にお勧めのオーガニックコットン

オーガニックコットンとは農薬を使わずに有機栽培で育てられた綿を使用し、化学処理を一切しないで作った生地の総称です。織物も編み物もこの糸を使って作られた物をオーガニックコットン製品といいます。ナチュラルで優しい風合いを持っていて、非常に肌に優しく、アレルギーの原因となる繊維との接触から肌を守るように作られた生地です。
特にアトピーなどのアレルギーを持った子供にお勧めの衣類です。ただし、少々高価で、天然の染料で染めるため色のバリエーションに限りがあります。
次はアレルギーがない場合の、肌に優しい服選びをご紹介します。

子供服選びで気をつけたいポイント

子供の肌は非常に敏感なので、ざらつきがあって硬い糸で織られた生地や、化学繊維は向きません。基本的に天然繊維で(ただし麻は硬いので基本的には綿)、通気性や保湿性の高いものを選びましょう。
夏ならガーゼ生地、冬なら起毛されたネル素材が適しています。寒くてウールのセーターを着るのであれば、中に綿のインナーを必ず着ること、皮膚の柔らかい首回りなどは、直接肌に触れ無いようにガーゼを当てておくと良いでしょう。子供は汗をかきやすいので吸湿性の良い肌着が必要で、汗を肌に残さないように夏でもシャツの中に肌着を着せてください。あせもの予防になります。
また、肌が傷つきやすいので仕立ては縫い目が肌に当たりにくい方法で縫われているもの(縫い代が浮いていない始末や表で処理したもの)やブランドネームや洗濯表示が当たりにくいように作られている服を選んでください。
ホルムアルデヒドという物質を加工しやすいように使うことがありますが、人体に害のないように規制をしています。一般的な子供服ブランドでは検査をしっかり行って規制をクリアしたものを商品化していますが、もし気になるようなら一度洗濯をしてから着せてあげてください。

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…
  2. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…
  3. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…
  4. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…
  5. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…

人気の記事

  1. 雨の日のファッション
  2. 女性用浴衣
  3. 膝掛け
  4. 衣類のシワ
  5. 大人女子会
ページ上部へ戻る