カットソーの生地選びのポイント

カミツレ

ベーシックだからこだわりたい、カットソーの生地選び

シーズン問わず着用する機会の多いカットソーですが、今年の夏はカットソーのデザインのトレンドが大きく変わりました。ギャザーやフリルなどのデザイン性の高い装飾があるものから、シンプルなデザインで、シルエットやサイズ感にこだわったタイプに人気が集まっています。今までTシャツと言われていたデザインですが、ベーシックでシンプルなデザインなので、生地の選び方で、だいぶ印象が変わります。次に素材感による特徴や、ブランド別にテイストのご紹介をします。

Tシャツ得意なブランドの紹介

Tシャツはどのブランドでも取り扱っているアイテムですが、ここではTシャツの完成度の高いブランドをご紹介します。
まずは日本の無印良品、UNIQLOがあります。無印良品はエコにこだわったオーガニックコットンを打ち出し商品として型のバリエーションを揃えています。UNIQLOでは、スーピマコットンという繊維長の長い、ツヤのある素材感にこだわり型と色のバリエーションが豊富に揃っています。どちらのブランドもリーズナブルで買いやすいお値段ですが、洗っても型崩れしにくく、何枚か揃えておけるのが嬉しいブランドです。

生地の種類について

一言でTシャツといっても、素材の選び方で随分印象が変わります。無印良品のオーガニックコットンならカジュアルな印象に、UNIQLOのスーピマコットンならばきれい目の仕上がりです。
カットソーの組織には、天竺と呼ばれるフラットな編みのものから、フライスという伸縮性の出る織り方などがあります。ベーシックなTシャツではこのふたつの編み方が多く用いられます。天竺は比較的伸びは少ないのですが、薄手でさらりと着用出来、フライスならコンパクトにフィット感で着こなすのが良いでしょう。
綿100%の素材でも、スーピマ綿のような繊維長の長いものや、あと加工のシルケット加工で光沢感を表現した生地もあります。このような生地であれば、シンプルなTシャツでも、ネックラインのバランスや、アクセサリーでカジュアルすぎない大人リラックスコーデができるので、いろいろ試してください。

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…
  2. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…
  3. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…
  4. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…
  5. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…

人気の記事

  1. 雨の日のファッション
  2. 大人女子会
  3. 膝掛け
  4. 衣類のシワ
  5. 女性用浴衣
ページ上部へ戻る