冬の寝具(掛け布団・敷き布団)の選び方とお手入れのポイント

ふとんとねこ

冬の寝具選び

寒い冬に暖かな布団に潜り込んで眠りにつく瞬間、一日の疲れが一気にほぐれるひと時です。ですが、実際は冷たい布団で冷えて眠りにくい方も多いと思います。夏は夏に適した寝具がある様に、冬は冬の寝具でしっかりした暖かくして眠りましょう。

冬の布団は敷き布団から

寒くなると、掛け布団に毛布を重ね、それでも寒い時どうしますか?どんどん掛けるものを増やしていませんか?それでは、重くなって寝苦しく、安眠を妨げてしまいます。敷き布団を見直してみると床からの冷気が伝わりにくくなり、暖かく眠れます。ベッドではなく床に布団を敷いて寝ている方は特に気を付けてください。例えばシーツを起毛タイプのものに変える、それでも寒く感じる方は、ムートンやダウンの敷物を布団の下に敷いてください。空気の層を作ることによって、床からの冷気が伝わりにくくなり、暖かな空気の層が出来て心地良く眠れます。敷き布団を変えたら掛け布団を考えましょう。

掛け布団の選び方

掛け布団は大きめのもので、布団のわきから暖かな空気が逃げない様にする事が重要です。羽毛布団は軽く寝心地が良いのですが、身体からずれて空気が逃げない様に気を付けください。羽毛に溜め込まれた空気の層が暖かな環境を作ってくれます。さらに一枚プラスする毛布ですが、掛け布団の上に掛けると羽毛布団の空気が逃げず、さらに暖かです。毛布の起毛感が好きな方は身体の上に毛布を掛けても良いと思います。
毛布選びですが、毛100%は人の体温や水分を吸収して熱を発するので暖かです。アクリルはソフトで肌触りはフワフワですが、湿気がこもりやすいので、こまめに干す事がポイントです。好みに合わせて使い分けてください。

寝具の手入れ

夏はこまめに干す布団ですが、冬は日照時間も短いので、つい怠りがちです。寒くても人は寝ている間に大量の汗をかいているので、冬の布団も湿気がこもっています。湿気がこもると空気の層が作れなくなり、空気の層で作る暖かさが逃げてしまうので注意してください。
羽毛の掛け布団はふっくらさせる様に手で叩いておくと、ふっくらして空気をたっぷり含むので起きた後の一手間が夜の安眠に影響します。しっかりお手入れした布団で暖かくおやすみください。

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…
  2. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…
  3. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…
  4. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…
  5. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…

人気の記事

  1. 衣類のシワ
  2. 女性用浴衣
  3. 雨の日のファッション
  4. 大人女子会
  5. 膝掛け
ページ上部へ戻る