冬物スーツの生地や素材の選び方と着こなし

冬物スーツ

冬のスーツ選び

スーツの素材にも季節感があります。夏はサマーウールと呼ばれるシャリ感のある平織タイプのざっくりしたもの、冬は少し起毛した生地で、サージやフランネルが多くなります。裏地の仕立てにも違いがあり、夏は背抜きもしくは、大見返しのみの裏無しの仕立てですが、冬は総裏仕立が主流です。裏地の暑さも冬のスーツの方がしっかりした織になり、スーツの総重量が増えることによって空気を多く衣類の中に取り込み、暖かな仕立てになります。
スーツにはパッと見では分からない工夫があり、季節を問わずに快適に過ごせるようになっていて、なおかつ季節感を取り入れた着こなしを楽しむことができるのです。次は冬のスーツの着こなしについてご紹介したいと思います。

冬のスーツの着こなし術

温かみのある冬のスーツの場合、夏とは違った気遣いでコーディネートしてはいかがでしょうか?夏は爽やかな色合いを心がけてきましたが、冬ならばネクタイの色を秋らしいブラウンや深みのあるワインレッド、渋めのマスタードイエローもシックで素敵です。スーツの色のグレーはミディアムグレーからチャコールグレーに、ネイビーも明るめのネイビーからブラックネイビーと呼ばれる黒に近いものを選ぶと良いでしょう。
冬のスーツスタイルでは、ジレ(ベスト)を合わせれば、一気にコーディネートに差が出ます。スーツと同じ素材のジレでしたらできるビジネスマンを演出できますし、ニットベストであれば親しみのある印象になりますね。シーンに合わせてコーディネートを楽しんでください。靴もスウェードタイプに変えても変化があってさりげなく、冬らしさをアピールできます。

冬のスーツの素材について

夏はウールのほかに、麻や綿混などで季節感がありましたが、冬の場合は基本的にはウールが主流です。ですが、獣毛素材といわれる、羊毛以外の毛を使うことでより冬らしさやソフトな風合いとなってきます。代表的なものにカシミヤやアルパカがあります。カシミヤなら上品な光沢感とソフトでしなやかな風合いに、アルパカ混なら手触りがドライなタッチになり男性らしい仕上がりになってきます。
最近は合服といわれる3シーズンものが増えていますが、季節感を大切にしてスーツを選んでみてください。

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…
  2. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…
  3. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…
  4. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…
  5. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…

人気の記事

  1. 女性用浴衣
  2. 大人女子会
  3. 雨の日のファッション
  4. 衣類のシワ
  5. 膝掛け
ページ上部へ戻る