女性のビジネスカジュアルで気をつけるドレスコードとマナー

オフィスカジュアル

女性のビジネスカジュアル

女性の場合は、比較的オフィスファッションの幅が広く、必ずしもスーツの着用が義務づけられていない職場が多く、逆に毎日スーツですと固すぎる印象も与えてしまうこともあるでしょう。
急な会議や商談でも慌てずに対応できるビジネスカジュアルで、仕事への取り組みの意欲をアピールしながら、トレンド感も程よく取り入れてオフィスファッションを楽しみましょう。

オフィスでのNGアイテムとは?

女性の服装は男性よりも幅が広いので、NGとなるアイテムも多く、自分の好みのアイテムを多少我慢する必要もありますね。まず、Gパンやカジュアルすぎるダメージ加工をしたボトムスは控えましょう。他には露出の多すぎるサンダルはNGです。サンダルを履くのであればストラップがしっかり付いた、きちんと感のあるタイプをえらんでください。レディスの場合はカットソーはOKでしょう。ただし、あまりゆったりし過ぎているもの、プリントTシャツはカジュアル感が強過ぎるので、トレンドとはいえオフィスにはそぐわないデザインです。

露出度や色使いはどこまでOK?

トレンドによって、ボトムスの丈や袖丈、襟まわりの開き具合も変化しますが、オフィスではどこまでがOKでしょうか?ボトムスの丈はせいぜい膝上10cm程度、ショートパンツは避けましょう。今年トレンドのガウチョパンツは動きやすさがありながら、きちんと感のあるコーデができるアイテムです。袖はノースの場合は薄手のカーディガンを羽織ればオフィスでも爽やかな印象に、半袖よりも短く、ノースリーブではないキャップスリーブなら一枚でもOKです。
前屈みになって下着が見えない程度の襟まわりが望ましく、少し開き気味のネックラインであれば、派手すぎないネックレスで女性らしさを加えて、さりげないおしゃれをアピールしましょう。
色使いは、あまり重くならずに派手すぎない、清潔感を大切にしてはいかがでしょうか?安心カラーとはいえ黒一色ですと暗い印象ですし、あまり色使いが派手ではオフィスにはそぐわずに浮いてしまいます。明るさに気をつけて、あまり多色使いにならないように気をつければ、トレンドカラーを使ったファッションもオフィスで取り入れることができます。
周りの人たちのファッションを観察しながら、さりげなく自分をアピールできるコーディネートを工夫してくださいね。

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…
  2. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…
  3. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…
  4. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…
  5. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…

人気の記事

  1. 大人女子会
  2. 雨の日のファッション
  3. 膝掛け
  4. 女性用浴衣
  5. 衣類のシワ
ページ上部へ戻る