【シーン別】ネクタイの素材と柄の選び方

ネクタイ

シーン別で使い分けるネクタイの素材と柄選び

ビジネスシーンのファッションに欠かせないアイテムがネクタイです。そしてスーツとの相性や、シャツとのバランスで印象がガラリと変わります。シーン別にネクタイの素材選び、柄選びのポイントをご紹介いたします。

ネクタイの柄選び

ネクタイは大きく分けて、ソリッドと呼ばれる無地と柄ものがあります。ソリッドはビジネスシーンでは最も無難なタイプで黒やグレー、紺、茶などは無難ですが、スーツの色に近すぎると地味な印象になってしまいます。色の濃淡のメリハリをつけてバランス良く合わせてください。ワインレッドなどのカラーの印象が強いものはネクタイだけが目立たない様にシャツの色の系統を合わせたり、スーツの柄から一色を選ぶと統一感が出ます。
柄ものはベーシックなものは、ドットや小紋柄が代表的です。これらの柄は大きいほどカジュアルで大胆に、小さいほどクラシックでフォーマルな仕上がりになります。他にレジメンと呼ばれる斜めのストライプ柄はフレッシュで爽やかな印象を与え、若手のビジネスマンに合う柄でしょう。
柄が左上がりのタイプがヨーロピアンスタイル、右上がりがアメリカンスタイルで、スーツのテイストに合わせて選ぶと上級者の着こなしになります。チェックは千鳥格子やグレンチェックは細かな柄であれば、小紋と同様なコーディネートになりますが、カラー使いのチェックはやや砕けた印象になるので、重要な会議やプレゼンでは避けたほうが良いかも知れません。
色の使い方や柄の選び方で、相手に与えるイメージが変わるので、シーンに合わせて選んで有能なビジネスマンを演出してください。

ブラックタイの扱い

ブラックタイは冠婚葬祭で使うので一本はシルクタイプのベーシックなものを持ってください。ネクタイの幅は流行によって変わりますが、3.5インチ(9cm)が最も無難で葬祭の時はこのタイプがおすすめです。結婚式などでは地味すぎるので、カラータイや、幅広のもので遊び心を加えましょう。

ネクタイの素材

日本では、比較的シルクが多いですが、ヨーロッパではジャケットの素材に合わせて、夏は綿混や麻混、冬はウールと使い分けます。なかなかシーズンで何本も揃えるのは大変です。シルクでもマットな光沢の少ないものや、光沢では印象が変わりますので、シーズンレスなシルクで選び分けるのが良いでしょう。

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…
  2. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…
  3. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…
  4. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…
  5. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…

人気の記事

  1. 女性用浴衣
  2. 大人女子会
  3. 雨の日のファッション
  4. 衣類のシワ
  5. 膝掛け
ページ上部へ戻る