夏のスーツ選びのポイント

スーツ

夏のスーツの生地や仕立ての選び方

蒸し暑い日差しの中スーツでの営業は大変です。クールビズで、自社のオフィスではジャケットを脱いでシャツで仕事をしていても、重要な会議や取引先に行く際には、スーツでというケースも多いでしょう。爽やかに夏のスーツを着こなすポイントを生地や仕立て、色の選び方でご提案します。

夏のスーツの仕立ては?

スーツは基本的には裏地が付いています。これは、生地のまとわりつきを防いでジャケットを美しいシルエットで着用するため、スーツを長持ちさせるためのものです。冬や秋は全てに裏地が付く総裏ですが、夏と春は背中の半分までの半裏が基本になります。夏は、ジャケットを脱ぐシーンも多いので裏地が表地とは違う配色になっていたり、袖のみ柄使いのものを選ぶと脱いだ時も気を抜かず、スタイリッシュな印象です。メンズジャケットは前に内ポッケや、生地メーカーのブランドネームがかっこよく付いてるものも多いので、ぜひ裏もチェックしてください。

夏のスーツにオススメの生地は?

やはりビジネススーツの基本はウール素材になります。ウールというと暑そうに感じるのですが、糸の太さや撚り方、織りの密度のバランスで涼しげに作られたサマーウールがオススメです。吸湿性と放熱性に優れ、しわになりにくいので重要なビジネスシーンではサマーウールがベストでしょう。ウールに後加工をしてより涼しさを追求した生地もあります。イタリアのREDA社の「アイスセンス」は熱をためこまない加工が施され、イタリアの毛織のもの上質さを兼ね備えた生地として開発されています。

夏のスーツの色の選び方

ビジネススーツというと、無難にダークな色を選んでしまいますが、年間ブラックやチャコールグレーのスーツでは面白みに欠けてしまいます。夏は、ネイビーに変える、もしくはワンランク明るめのミディアムグレーを選ぶと見た目にも明るく爽やかな印象に仕上がります。ネクタイの色もはっきりしたものに変えて夏のビジネスシーンのスーツスタイルで仕事の信頼感や安定感をアピールしてください。

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…
  2. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…
  3. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…
  4. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…
  5. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…

人気の記事

  1. 衣類のシワ
  2. 雨の日のファッション
  3. 膝掛け
  4. 大人女子会
  5. 女性用浴衣
ページ上部へ戻る