きれいに日焼けするための紫外線を通す水着

ビーチ

日焼けの水着あと

ちょっとの日焼けであれば水着のあともきになりませんが、がっつり日焼けした後に残る水着の日焼けムラは恥ずかしいものです
そもそも水着によく使用されるポリエステルは紫外線を構造上吸収しやすい作りになっており、さらにUV加工が施されている場合が多いです。つまり、一般的な水着は日焼け対策と併用することが前提となっているため日焼けを目的として海に行く場合は向きません。

日焼けに適した水着

一般的な水着が日焼け対策をすることが前提の作りになっているという話をしましたが、ではきれいな日焼けをするためには水着を脱がなければならないのでしょうか?人がたくさんいる中で水着を外すのは恥ずかしいので抵抗がある人も多いと思います。
しかし、最近では「紫外線を通す水着」が販売されており、その仕組みは水着に極小の穴が無数に開いているため紫外線を投下するようになっています。またきれいに焼くための水着は紫外線は通すUV-Aは通し、赤焼けになるUV-Bはカットするなど機能性に優れた商品も出てきています。

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…
  2. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…
  3. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…
  4. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…
  5. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…

人気の記事

  1. 女性用浴衣
  2. 雨の日のファッション
  3. 大人女子会
  4. 膝掛け
  5. 衣類のシワ
ページ上部へ戻る