夏のパジャマ選び

紫外線

眠れない夏の暑い日のパジャマ選び

最近はパジャマに着替えずに部屋着、もしくはTシャツにスウェットパンツといった格好で寝てしまう方が増えているようです。しかし、安眠には寝る前にパジャマに着替えて、眠りに入る態勢を整えると良いと言われています。
特に熱帯夜の寝苦しさを解消して快適に過ごすにはパジャマが大切です。エアコンの使用を極力控えて、快眠できるコツをご紹介いたします。

パジャマの重要性

パジャマは寝る時専用に作られた衣類で、眠りを妨げずにゆっくり休める仕立てが工夫されています。日中は楽に過ごせるスウェットでも眠る時には窮屈になりがちですが、パジャマはゆったりしたデザイン、薄手で寝返りの妨げにならない作りになっているからです。

熱帯夜におすすめのパジャマとは?

寝苦しく汗を大量にかく熱帯夜では、汗をしっかり吸収して、熱がこもらないことが重要です。ガーゼタイプの生地は吸湿性、通気性が良く、熱の発散をスムーズに行います。薄く肌触りが良いのも特徴です。
夏場ならではの生地には、サッカーがあります。これは、生地の表面に凹凸があり肌に触れる面が少なく汗のベタ付き感が少ないのが特徴ですが、少し固めなので、肌が敏感な人にはガーゼタイプがおすすめです。他に、パイル地はふんわり優しい肌触りですし、ジャージの天竺なら適度な伸縮性があるので動きやすいなど、それぞれ特徴があります。ご自身の好みに合わせて選ぶと良いでしょう。
デザインとしては、風通しの良いゆったりしたものを選んでください。特にガーゼは縮みやすいので、ワンサイズ大きいものを選ぶと安心です。夏場の安眠には締め付けの少ないゆったりしたデザインが適しています。
また、袖口やズボンの裾に締め付けがない方が、風通しが良く快適です。起きて活動しているときはそれ程気にならないのですが、寝ていると縫い目の当たりが痛く感じるので、切り替えが少なく肌に違和感を感じない仕立てのパジャマを選んでください。

一日の終わりにお気に入りのパジャマでゆったり眠って、次の日のエネルギーを充電しましょう!

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…
  2. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…
  3. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…
  4. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…
  5. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…

人気の記事

  1. 衣類のシワ
  2. 雨の日のファッション
  3. 大人女子会
  4. 膝掛け
  5. 女性用浴衣
ページ上部へ戻る