衣類でできる花粉対策

スギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサなどの花粉

悩ましい花粉は衣類で防ぐことができるのか?

季節が冬から春に、暖かくなって気分良く過ごしたいのですが、気になってくるのが花粉症です。年々患者数も増えて、天気予報では花粉の飛散情報が毎日話題になり、症状が重い方は肌荒れなど様々な悩みをかかえてらっしゃるかと思います。
時期的には春先から杉花粉が飛び始め、アレルゲンの種類を多く持つ方は、引き続きカモガヤやヒノキなどの花粉に長い期間悩まされる方も多く、場合によっては秋に発生するブタクサの花粉にも苦しめられます。
本記事ではそんな花粉でお悩みの方にマスクや注射といった薬の他に、衣類でできる花粉症対策について提案していきたいと思います。

花粉を付きにくくする方法について

花粉症の対策として、最も重要なことは花粉を吸い込まないことです。そのためには衣類に花粉を付きにくくする工夫をしてみましょう。
杉花粉の飛び始めはまだ肌寒く、コートを着ている時期です。まだウールのコートやダウンを着用されている方も多いでしょう。ですが注意したいのが、ウールは毛羽があり、織りもざっくりしているので、繊維の中の花粉の粒子を取り込みやすく、花粉を吸い込みやすく、室内に花粉を持ち込んでしまうので、おすすめできません。
では、どのような生地であれば花粉を室内に持ち込まないかというと合成繊維のダウンが適しています。合成繊維のダウンは滑りが良く織りも密度が高いので花粉が付着しにくく、花粉症の方に最適です。ただし注意しなければならないのは付属のファーやボアなどのヘアリーなアクセサリーがある場合は外して着用してください。

新しい加工による花粉対策とファッション性

合成繊維のダウンでの対策が最適なのですが暖かくなってくると、いつまでもダウンを着ていては春のファッションが楽しめません。
しかし日本の繊維メーカーによる花粉プロテクト加工の開発や、アパレルメーカーによるファッション性の高い商品開発で、トレンドを取り入れたアウターも数多く出ていますのでご安心ください。
例えば高密度に織られた生地に、加工で生地の表面を滑りやすくして花粉を落ちやすくし、さらに静電気を抑えて付きにくくする生地、またはアレルギーの原因となる花粉を不活性化させる抗アレルギー加工といった特殊な生地の開発が進んでいます。
これらの生地は従来、スポーツウェアや紳士のビジネスコートに使用される印象が強かったのですが、生地のバリエーションも増え、デザインも豊富になっていることからレディース服などでも使用されだしています。
薄手の生地もあるので、杉花粉の他にひのきの花粉症の方はこういった生地のアウターを選択することで室内に花粉を持ち込むことを防ぐことができるようになります。一度、「花粉対策 衣類」と検索してみてください。特殊な生地を使用した衣類がたくさん出てきます。

それでは、ファッションを楽しみながら、衣類による花粉対策でぜひ楽しく春をお過ごしください。

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…
  2. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…
  3. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…
  4. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…
  5. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…

人気の記事

  1. 女性用浴衣
  2. 雨の日のファッション
  3. 衣類のシワ
  4. 膝掛け
  5. 大人女子会
ページ上部へ戻る