日傘の選び方と紫外線対策

日傘

紫外線や熱中症対策に必要な日傘

日傘は夏の紫外線対策に効果的なアイテムです。以前はミセス向きでデザインが多く、バリエーションが少なかったのですが、最近はデザインのバリエーションが増えて、晴雨兼用の便利なものから、UVカット効果の高い機能性の高いものまで種類も豊富にあります。しかし、日傘の選び方によってUVカットの効果がちがうので、用途別に効果の高いものをご紹介します。

色による効果の違い

日傘を選ぶなら何色を選びますか?夏のファッションを考えて、爽やかさを演出する白や、ペールトーンの色でしょうか?シックな印象の黒でしょうか?
白は太陽の光を反射して日影を作るので、涼しく感じます。見た目にも涼しげで、淡い色を選ぶ方も多いと思いでしょう。太陽光は上から降り注ぐ光線と、アスファルトからの照り返しによる光線があります。白は日傘の内側で光線を反射して、結果紫外線を浴びるので、日傘をさすだけでは日焼けをしてしまいますのでご注意ください。日焼け止めを塗るなどの、他の対策も合わせて行ってください。
黒もしくは濃色は、光を吸収すしますが熱はこもります。しかし紫外線を吸収してくれるので、UV効果は白よりも高く、肌が弱く日焼け止めでかぶれ易い方や、美白にこだわる方には濃色がおすすめです。

UVカット加工の日傘と、効果の持続する期間について

日傘の大半はUVカット加工が施されています。UVカット加工は紫外線吸収剤を染料に交ぜて染めたり、吹き付けたりして加工します。JUPA(日本洋傘振興会)の基準では、99%以上を遮光傘、99,9%以上一級遮光傘として認定しているので参考にしてください。
ちなみにUVカット加工の寿命は2〜3年です。その期間を過ぎると買い替えか、UVカットスプレーで寿命を持たせるかの対策が必要になります。
以上から、熱中症対策には白の日傘の方が涼しく効果がありますが、紫外線をしっかりガードしたい方には黒の方が、より効果が高い事になります。白でもUVカット加工を施しているものを選ぶなど、ご自身のニーズに合った日傘を選ぶ事が重要です。

関連する記事

海の紫外線対策
日焼けしないための服選び
ラッシュガードで紫外線対策

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…
  2. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…
  3. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…
  4. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…
  5. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…

人気の記事

  1. 大人女子会
  2. 膝掛け
  3. 衣類のシワ
  4. 雨の日のファッション
  5. 女性用浴衣
ページ上部へ戻る