衣類でできる熱中症対策

紫外線

衣類でできる熱中症対策

日本の夏は、非常に湿度が高く過ごしにくいものです。近年はエアコンや自動車から出る熱気がコンクリートの建造物にこもり、発散されず夜になっても暑い毎日が続くヒートアイランド現象がおきています。この湿度と強い日差しで、熱中症で救急搬送される人も年々増え、極力涼しく過ごすことは大変重要でしょう。衣類でできる熱中症対策にはどのような方法があるかご紹介します。


夏に適した生地とデザインとは?

夏に適した生地とは、汗や湿気を吸収して、熱を発散させる効果の高い綿や麻が天然素材の中では合っています。特に麻は速乾性が高く、汗をかいてもすぐに乾きますので夏の服には最適でしょう。
デザインは、女性の場合は、ネックラインや袖口があいていて、脇の下にゆとりのあるものが通気性良く、涼しく感じます。パンツよりもスカートの方が涼しく、ワンピースが最も着心地の良いアイテムです。男性の場合はネクタイをはずし、シャツのボタンは第一ボタンをあけ、通常よりも少しゆとりのあるものを選ぶと良いでしょう。パンツのウェストは少し緩めの方が過ごしやすいと思います。
しかしビジネスシーンでは、麻はシワがつきやすく抵抗がある方も多いのではないでしょうか?

夏の重ね着について

近年では技術の進化によって、従来夏の衣類には会わないポリエステルも極細繊維を開発することで摩擦が少なくなり、肌触りの良い生地が開発されています。さらに吸水速乾性が高く、着たときに冷たく感じる接触冷感加工が施された着心地の良いインナーもあります。非常に薄く作られていて下着の当たりが出にくく作られているものもあるのでこういったアイテムを着用してはいかがでしょうか?
夏は暑いので極力薄着をしてしまいますが、こういったインナーを服の中に一枚着用すると、汗を吸収して熱と水分を放出してくれます。そして服に直接汗がつくのを防いでくれるのでお気に入りの服を長持ちさせてくれるのでおすすめです。

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…
  2. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…
  3. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…
  4. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…
  5. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…

人気の記事

  1. 雨の日のファッション
  2. 衣類のシワ
  3. 膝掛け
  4. 大人女子会
  5. 女性用浴衣
ページ上部へ戻る