冷え性対策に適した衣類選び

膝掛け

冷え性対策に適した衣類選び

冷えは身体の血行を悪くしてむくみや肩凝り、さらに内蔵も冷やしてしまうので、しっかり予防したいものです。衣類をたくさん着込むことで暖かくなるのですが、むやみに重ね着すると動きにくくなりますし、着膨れした状態では、おしゃれを楽しめないと思います。効果的な重ね着の仕方と生地をご提案します。

衣類で暖かくなる仕組みとは?

重ね着をするということは、身体と衣類、さらに衣類と衣類の間に空気の層を作り、暖まった空気の層が身体を保温してくれます。そして、その空気の層を逃がさないようにすることで暖かく過ごせるのです。なので、蒸れずに汗をかいても乾きやすい天然素材の下着の上に、シャツやニットでレイヤードしていき、アウターを着ます。暖まった空気は襟元や手首から逃げていくので、マフラーやスカーフ、手袋で逃げないようにするとさらに効果的です。
オフィスなどの室内でマフラーはNGでも、薄手のシルクのスカーフを巻くだけで暖かくなります。重くなりがちな冬のファッションもカラフルなスカーフを使えばアクセントになり、おしゃれも楽しめます。

それでも寒い冷え性対策

やはりお腹を冷やさないようにすることは、冷え性対策にとって大変重要です。お腹が冷えると、手や足がお腹を冷やさないように熱をお腹に送るので手足が冷えてしまいます。薄手の腹巻きをすることは、身体の中心から温めるので大変効果的です。今は極薄でひびきにくい生地の腹巻きがあるので試してみてください。
天然素材の下着はで寒さに効果がない方は、機能性のある下着もおすすめです。吸着発熱素材は、身体からの水分を熱エネルギーに変えて身体をあたためるので下着に合っています。さらにポリエステルで生地の間に小さな空間を作り、湿気を吸収して速乾性を高めます。そのほかに蓄熱保温加工という加工もあり、こちらは赤外線を吸収して光エネルギーを熱エネルギーに変えることで保温するもので、こういった加工したカットソーの商品も出ています。
このようなアイテムを使ってスッキリおしゃれな冷え対策を実践してみてください。

【スポンサーサイト】


【関連記事】
空調が効きすぎるオフィスの冷房対策
足元の冷え性対策

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…
  2. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…
  3. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…
  4. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…
  5. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…

人気の記事

  1. 膝掛け
  2. 大人女子会
  3. 雨の日のファッション
  4. 女性用浴衣
  5. 衣類のシワ
ページ上部へ戻る