寝苦しい熱帯夜を快適に過ごすための寝具選びのコツ

ベッド

暑くて寝付けないけれど、冷房は使いたくない

寝苦しい熱帯夜、なかなか寝付けずエアコンに頼ってしまいますが、効きすぎたエアコンの冷風は身体を冷やしてしまうため疲れを蓄積してしまう原因となります。寝具の環境を整えて、寝苦しい熱帯を少しでも快適に過ごすコツをご紹介いたします。

快適に過ごすための寝具選び

夏の寝具選びで重要なポイントは、吸湿性があり、湿気を発散させること、身体から発散された熱をこもらせずに拡散すること、このふたつの機能が適切に行われる寝具選びが、熱帯夜を快適に過ごすコツとなります。

適した寝具と手入れ方法

まず、体にかける寝具ですが、最も吸湿性と発散力が高いものは羽毛です。夏用の薄い肌掛け布団が軽く、熱がこもりにくい機能を備えています。次いでタオルケットですが、綿のパイルとワッフルタイプの織りがあり、両者とも吸湿性と放湿性に優れています。パイルはソフトで肌触りが優しく、ワッフルは凹凸があるので肌に触れる面が少なくサラッとしています。
続いてシーツは、麻が最も良いでしょう。天然素材のなかでは最も放熱性が高く、天然の抗菌防臭効果があります。加工素材では、接触冷感機能(触れると涼しく感じる加工や抗菌防臭加工されたもの)もありますので、お好みで試してみてください。
最後にマクラですが、ワタのタイプや低反発ウレタンのものは通気性が悪く熱がこもりやすいので、蕎麦がら、もしくはプラスチックの小さなパイプを使ったまくらは熱がこもりにくくおすすめです。

寝具の手入れの方法

夏はもちろん汗をかくのでシーツやまくらカバー、タオルケットの洗濯はこまめに行ってください。清潔な寝具を使うだけでも快適です。布団の干し方は、短時間で1~2時間程度、太陽の熱が寝る時間まで残らないないように、午前中など早目の時間に済ませます。特に天然の蕎麦がらのまくらは害虫が発生しやすいので、まめに日影干しをしてください。
適切な寝具選びときちんとした手入れで熱帯夜快適に乗り切って、元気に夏を乗り切ってください。

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…
  2. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…
  3. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…
  4. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…
  5. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…

人気の記事

  1. 女性用浴衣
  2. 衣類のシワ
  3. 大人女子会
  4. 膝掛け
  5. 雨の日のファッション
ページ上部へ戻る