オフィスの冷房対策を衣類で

膝掛け

オフィスの冷房対策のポイント

  • 衣類の生地は体温を逃しにくく、保湿性に優れるシルクがおすすめ
  • シルクは発色が綺麗なので、ファッション性にも優れています
  • 冷え予防のためには首、お腹、足首を守ることが重要

空調が効きすぎるオフィスの冷房が辛い・・・そんな時は

夏場、暑い外出からエアコンの効いたオフィスに戻ってくることは、外周りの多い営業マンにとっては、ほっとできる一瞬です。ですが社内で働いている事務などの内勤をご担当されている方は終日、営業の方でも一日書類作成にかける日はあります。 電力不足によるエアコンの設定温度を高く設定してはいるものの、一日デスクワークをしていると冷え切って体調を崩してしまいがちです。オフィスでも可能な冷房対策に適した洋服の生地選びのコツをご紹介します。

夏の冷房対策素材

寒さを感じるとはいえ、やはり夏場なので少し動くと身体が温まりますし、汗をかくこともあります。冬場のようにフリースやウールでは心地よく過ごせませんし、見た目も暑そうなのでオフィスでは避けたいものです。
オフィスでの冷房対策にはシルクがオススメです。その他にも綿や麻のような汗を吸収しながら、エアコンの風を防ぐことができる生地が適しています。
特にシルクは、繊維自体の熱伝導率が低いため、暑い場所では外気の暑さを内部に伝えにくく涼しく感じることができ、寒い場所では外気の寒さを伝えにくく、また体温を逃がしにくいので薄地でも暖かく感じることができます。そして、人の肌と同じたんぱく質でできているので大変肌に優しく、吸湿性と保湿性があるため空調で乾燥しがちな室内での乾燥を防ぎ、しっとりした肌触りで着心地に優れています。まさにシルクは冷房対策に最適な生地と言えます。

冷えを予防しながらファッション性もキープして!

冷えを感じた時にあたためたい身体のポイントは、首周りやお腹、足首です。ここをしっかり守ることで身体が芯から冷えることを予防しましょう。お腹はあまり丈の短いトップスは避けて長めのもの、最近はボトムにインして着る着こなしがトレンドなので、インにすると保温効果が高まります。それでも寒い場合は、極薄手の腹巻きをすることがおすすめです(服にひびかない薄手のものがあります)。足元はレッグウォーマがベストですが、接客や商談で着用できない場合は、せめて膝かけで守ってください。 シルクのアイテムはスカーフやストールで取り入れはいかがでしょうか?首元にシルクのスカーフをアクセントに結ぶ、またはストール軽く巻くと夏の薄着のファッションのアクセントになり、華やかな印象になります。シルクは発色が綺麗なので、プリントや色のアクセントに活用してください。

【関連記事】 冷え性対策に適した衣類選び 足元の冷え性対策

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…
  2. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…
  3. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…
  4. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…
  5. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…

人気の記事

  1. 大人女子会
  2. 女性用浴衣
  3. 膝掛け
  4. 衣類のシワ
  5. 雨の日のファッション
ページ上部へ戻る