たけのこ、ふきのとう、キャベツの下ごしらえ|春野菜を美味しく調理するポイント

キャベツ

春野菜の特徴

春を代表する芽ものは、冬の間に蓄えすぎた不要なものを排出する成分が含まれています。ちょっとしたコツで美味しく食べることができる方法をご紹介します。

たけのこの下ごしらえのコツ

たけのこは、あくとえぐみが強いためあく抜きをします。皮付きのまま穂先を斜めに切り落とし、縦に切り込みをいれた後、ぬかと赤唐辛子をいれて30分から1時間程度ゆでます。竹串がすっとなったら大丈夫です。そのあとは、茹で汁につけたまま冷ましましょう。

ふきのとうの下ごしらえのコツ

ほろ苦い独特の苦みのあるふきのとうは、水を変えながら10分×2セットつけましょう。それでも苦みが気になる場合は3分程度ゆでます。

キャベツの下ごしらえ

キャベツは切ってしまうと酸化してしまうため、使う分だけ剥がすことをお勧めします。芯をくり抜いた後、くり抜いた場所に流水を流すと剥がしやすくなります。

【人気記事】
1日2リットル水分を摂らないといけないはホント?
サプリと野菜ジュースは効果がない?
5つの肌をきれいにする睡眠のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…
  2. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…
  3. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…
  4. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…
  5. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…

人気の記事

  1. 衣類のシワ
  2. 大人女子会
  3. 膝掛け
  4. 女性用浴衣
  5. 雨の日のファッション
ページ上部へ戻る