コラーゲンと肌の関係と摂りすぎのリスク

美容

コラーゲンを摂っても全てが肌のコラーゲンにはならない

悲しいですが、お肌のためを思ってコラーゲンを摂ったとしても実は全てが肌のコラーベンにならないのです。

そもそもコラーゲンは食べたり飲んだりしたあと、一度アミノ酸に分解されてから吸収されるためコラーゲンのまま吸収されるわけではありません。
そしてアミノ酸は体の様々な部分でたんぱく質として再構築され、肌だけではなく骨や筋肉にも使用されます。
そのため、せっせとお肌のコラーゲンになるように念じながら食べたとしても、実は足の筋肉になっていた。ということもあり得るのです。

余計なコラーゲンは脂肪に

足の筋肉になるのであれば、まだいいですがコラーゲンはアミノ酸に変化したあとたんぱく質だけでなく、一部は糖や脂肪に変わります。つまり、コラーゲンの摂りすぎは脂肪の増加につながってしまうのです。

【人気記事】
1日2リットル水分を摂らないといけないはホント?
サプリと野菜ジュースは効果がない?
5つの肌をきれいにする睡眠のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…
  2. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…
  3. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…
  4. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…
  5. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…

人気の記事

  1. 大人女子会
  2. 膝掛け
  3. 女性用浴衣
  4. 雨の日のファッション
  5. 衣類のシワ
ページ上部へ戻る