足の臭いをストッキングや靴下の蒸れを防止して対策する方法

大人女子会

ストッキングなどが蒸れると気になる足の臭い

一日中ストッキングや靴下を履いていると蒸れて足の臭いが気になってきます。足は指の間や、爪の間、皮膚のしわに汚れが溜まりやすく、さらに靴を履いていることで通気性が悪く汚れと皮脂が酸化して臭いが発生しやすくなります。加えて夏場は熱気や湿度で不快感が増す上に、蒸れが原因で繊維との摩擦で肌が荒れてしまうこともあり、炎症などにも悩まされます。

特に注意が必要なストッキングの蒸れと足の臭い

女性の場合、靴下よりもオフィスではストッキングを着用するケースが多いと思います。ストッキングは吸水性の弱いナイロンやポリウレタンで作られており、しかも編み目が薄いため湿気を吸い取る余地がなく、汗が乾かず蒸れと臭いの原因となります。
このようにストッキング自体には汗の吸収を期待できないので、通気性の悪くなるようなコーディネートには注意が必要です。特にストッキングと組み合わせて履くことの多いパンプスは足と靴が密着するため通気性が悪く、足の臭いや蒸れの観点からは最悪の組み合わせです。また、きついジーンズなど生地にゆとりのない衣類も蒸れの原因となります。

蒸れを防止して足の臭いを防ぐためには

基本は通気性の確保と菌の繁殖の防止。

通気性の確保では、素材は極力合成繊維よりも綿やシルクといった天然繊維で作られた湿気を吸収してくれる素材がお勧めです。特にシルクは人の肌に近いタンパク質からできていて、吸水性があり湿気を逃す効果があります。
靴の選び方でも通気性が重要です。きつすぎず、少し指が動く程度のサイズに余裕のあるものがお勧めです。外回りでかなり汗が気になる時には、天然繊維の5本指靴下で指先に湿気がこもらないようにすると快適です。ファッション感が合わないようであれば、5本指の爪先だけのフットカバーを靴下の中に重ね履きするという選択肢もあります。
ストッキングの場合は天然繊維という選択肢がありませんが、パンプスのサイズを少し大きめにして、つま先だけのフットカバーをストッキングの中に着用すると湿気を吸収してくれので湿気がこもらず、これだけでパンプスは甲が浅いので蒸れの不快感と足の臭いからかなり解放されます。

菌の繁殖の防止でも蒸れは重要なので、通気性に関しては同様です。加えて、靴は同じものを続けて履かずに湿気を飛ばすことや、休憩時間などの空き時間に靴下やストッキングを履き替えるなど常に清潔な状態のものを使用することも重要です。
また、菌の繁殖は抗菌防臭加工をした糸で作られたものや抗菌作用のある洗剤、抗菌スプレーを使用することでも防止することができます。ただし、抗菌スプレーを使用するときは水分が残っているうちは蒸れの原因になるので着用しないでください。タイミングは着用する前日に使用するのが良いでしょう。

汗対策としては、靴下やストッキングを取り替えるときに汗拭きシート使用すると、より清潔に過ごせます。ただし、外回りの営業などで履き替える余裕がない場合はストッキングを履いていても使用できる制汗スプレーがあるので、こういったものを利用することでも対策が可能です。

この記事に関連したオススメの記事カテゴリー
におい対策

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…
  2. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…
  3. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…
  4. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…
  5. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…

人気の記事

  1. 大人女子会
  2. 雨の日のファッション
  3. 衣類のシワ
  4. 膝掛け
  5. 女性用浴衣
ページ上部へ戻る