衣類で汗臭さを防止・対策

夏場の悩み

夏場の汗臭さ防止

日本の夏は年々、温暖化が進み過ごしにくく、期間も長くなってきています。もともと、湿度の多い日本の気候は、汗が乾きにくいので肌のベタつきや汗の匂いが気になる方も多いでしょう。
汗の匂いは、かいた汗が酸化してノネナールという体臭成分となって発生します。衣類に付着した汗が酸化する前に乾いてしまえば、匂い成分にはならないのですが、湿度のため汗が蒸発せずに雑菌となり非常に不快です。夏を少しでも涼しく快適に、そしてファッションを楽しむ工夫をご紹介します。

夏に適した生地と着こなしとは?

夏の生地として適しているものは、汗を吸収して乾きやすい天然繊維が適しています。綿や麻が汗を吸収しやすいのでお勧めです。しかし、綿でも目の詰まったワイシャツのような織物は、汗を吸収しにくいので下着で汗を吸収する工夫で快適に過ごせます。
また、セルロース繊維から作られたリヨセルは、天然パルプから再生して作っているので綿と同様着心地の良い生地で、レディースのカットソーやブラウスによく使われており、デザインも豊富です。夏でもファッションを楽しみつつ快適に過ごすのにお勧めの生地です。
麻も吸収性と速乾性があり、今年は麻を使ったナチュラルなアイテムも多いので、夏のファッションに取り入れてはいかがでしょうか?
デザインと着こなしは、衿ぐり、袖口にゆとりがあり、通気性の良いものが汗を蒸発しやすくして涼しげです。レディースでは袖のデザインのバリエーションが増えていてファッション感度の高いものが増えています。
やはり汗を残さない工夫が大切です。

ビジネスシーンでの匂い対策

普段着はゆったりした服や麻などの生地で汗を残さない工夫が出来ますが、ビジネスシーンではNGな場合も多いためオフィスでは、また違った対策が必要です
オフィスの対策としては、インナー(下着)をシャツの中に一枚着てください。夏は薄着をしたくなりますが、吸収性の高いインナーで汗を素早く吸収することで臭いが防げます。そして、下着メーカーでは、夏の抗菌防臭加工素材の開発が進んでいます。薄手で表に響きにくく、極細のポリエステルでも加工をすることで細菌の発生を防ぎ、臭いを抑えてくれるので、爽やか過ごせます。

この記事に関連したオススメの記事カテゴリー
におい対策

【スポンサーサイト】


【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…
  2. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…
  3. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…
  4. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…
  5. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…

人気の記事

  1. 衣類のシワ
  2. 大人女子会
  3. 雨の日のファッション
  4. 膝掛け
  5. 女性用浴衣
ページ上部へ戻る