頻繁に洗濯しない衣類の臭い対策

ワンピース

一度着ただけでは洗濯やクリーニングをしない衣類

夏場、シャツやカットソーは毎日洗濯できますが、スーツやワンピース、手洗い出来ないニット製品は手入れが困りますよね。そこで夏の衣類の手入れ方法と、気になる臭いの対策についてご紹介いたします。

スーツのお手入れ方法について

日本のビジネスシーンでは、クールビズが定着しつつあるとはいえ、大切な場所では、スーツもしくはジャケットの着用が必須です。クリーニング仕立ては問題ないですが、何回か着ていると汗や匂いが気になりますよね。
まずは、ジャケットの下のシャツを吸水性の良い生地のものを着用して汗が直接ジャケットにつかないような工夫をすることや、汚れやすい襟周りは汗をこまめに拭き取りましょう。汗が酸化する事で匂いが発生するので、汗がつかない工夫は重要です。
生地はサマーウールのトロという平織りのものやモヘア混はシャリ感や清涼感があり適しています。色は明るめを選ぶと見た目にも涼しげです。
しかし、一日着ていればどうしても汗は残ってしまいます。一日着た後は、面倒でも、必ずブラッシングで汚れを落としましょう。ブラッシングする事で、生地の織り目の中に入り込んだ汚れを取り除き、匂いの発生源となる汚れを溜めないようにします。
そしてスーツは毎日着用しないで、一日きたら二日は休ませてください。夏場は、週一位の頻度が理想的ですが、最低でも二日は空けて、匂いの成分を通気性の良い場所で飛ばしてください。

それでも匂いの気になる時の対処法

ただ、気をつけていても匂いが気になってくる場合があります。クリーニングに出そうか?迷いますがクリーニングの回数が多いほど、衣類は傷んでしまいます。そんな時の対処法は、時々入浴の後にお風呂場に吊るしてください。一日吊るすと、湿気が繊維に含まれたあと蒸発し、匂いの成分も取り除かれます。スチームアイロンを満遍なく浮かしてかけてから、自然乾燥させても同様の効果があります。
襟周りや袖口、汚れのついた部分は蒸しタオルで叩いて汚れを取ることも重要です。※こちらの方法は洗えないニット製品やワンピースにも応用できますが、必ず目立たないところで試して色落ちしないか確認してください。
ニットやワンピースはやはり身体に直に触れるので汚れたらクリーニングをお勧めしますが、スーツならワンシーズンに1~2回のクリーニングで対応出来て、大切なスーツが長持ちします。

この記事に関連したオススメの記事カテゴリー
におい対策

【スポンサーサイト】


【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…
  2. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…
  3. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…
  4. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…
  5. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…

人気の記事

  1. 膝掛け
  2. 衣類のシワ
  3. 女性用浴衣
  4. 雨の日のファッション
  5. 大人女子会
ページ上部へ戻る