洗濯日和の落とし穴

キュプラ

気持ちのいい晴れの日の洗濯物

洗濯物の乾きが良く、日に当たった洗濯物からは独特のいい匂いがします。湿度が高く曇りがちですと乾きにくく嫌な臭いがする場合があるので洗濯物はいわゆる洗濯日和に干したいものです。
しかし、だからといってなんでもかんでも直接日光に当てて洗濯物を干すのは待ってください。

洗濯物を日光にさらす時の注意点

直射日光は服の色を抜いたり、変色させる効果もあります。これは紫外線の影響によるもので、特に白物や淡色の衣類は日にさらされることで変色しやすくなっています。また、毛や絹、ナイロン製品は黄色く変色してしまいます。そして、この紫外線による変色の原因は汚れで分からない場合もあります。洗濯後やクリーニングの後に色味に違和感を感じたら、過去に日に晒したことがないか思い出してください。

紫外線は特に4月から9月は紫外線がピークになるため、この時期に洗濯物を干す場合は注意が必要です。特に下記のような陰干しマークの衣類は必ず陰干ししてください。
陰干し 絵表示

また、蛍光増白剤で白みを強くしている衣類も注意が必要です。紫外線の影響で黄色く変色する場合もあるので、白い衣類だから安心というわけではありません。

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…
  2. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…
  3. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…
  4. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…
  5. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…

人気の記事

  1. 雨の日のファッション
  2. 衣類のシワ
  3. 大人女子会
  4. 膝掛け
  5. 女性用浴衣
ページ上部へ戻る