衣類を手洗いするポイント

洗濯

取り扱い絵表示が手洗いになっている衣類

衣類の絵表示が下記のようなマークの場合は手洗いが推奨されています。
手洗いマーク
ちなみに洗濯機の手洗いモードや弱流水であれば洗うことも可能ですが、手洗いよりも縮みや色落ちなどが発生する可能性が高くなります。また、すすぎの際は流水すすぎ塩素濃度の高い水で洗い続けることになるので使用しないようにしてください。

衣類を手洗いする方法

まず、衣類を手洗いするときは濃い色の衣類と淡い色の衣類に分類します。手洗い用の衣類はデリケートなので色移りしてしまうことがあるからでず。

1.大きめの容器を用意してください。 洗面器など容器はなんでも構いませんが、容量が少ないと生地を揉む際にこすれて毛羽立ってしまい、衣類が白っぽくなってしまうことがあります。

2.容器にぬるま湯(30度以下)と洗剤を入れ、よく混ぜる この時の注意点ですが、洗剤はもちろんですが水も衣類に直接かけてはいけません。水道水には塩素が含まれており、衣類が脱色する原因となります。特に旅行などで一定期間水道水を使用していない場合は出し始めの水の塩素濃度が高いので気を付けてください。
また、洗剤にも注意が必要で一般的に使用される合成洗剤には蛍光増白剤という白く見せるための染料が含まれている場合があり、直接濃度の濃い洗剤をかけてしまうと色ムラの原因となります。

3.押し洗い 2~3分でいいので押し洗いをします。この時強く揉んだり、こすったりすると生地が毛羽立つため気を付けてください

4.すすぎ洗い 2回程度すすぎ洗いをすれば洗剤は落ちます。この時も水温には30度以下にしてください。高温での選択は色落ちの原因となります。
この時、濃淡に配色されている衣類の場合はつけ置きは絶対に避けてください。色泣きの原因となります。

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…
  2. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…
  3. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…
  4. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…
  5. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…

人気の記事

  1. 大人女子会
  2. 膝掛け
  3. 雨の日のファッション
  4. 衣類のシワ
  5. 女性用浴衣
ページ上部へ戻る