ドライクリーニングの注意点と仕組み

クリーニング屋さん

ドライクリーニング

とても便利なドライクリーニング。でも一つ間違えると大切な衣類にダメージを与えることがあることをご存知ですか?
そんな悲しいことが起きないようにドライクリーニングの注意点をまとめました。

まとめ

  • ドライクリーニングは溶剤の種類によっては服にダメージを与えるので絵表示を要確認!
  • ドライクリーニングは水溶性の汚れ(例えば汗)には弱い

ドラクリーニングの仕組み

ドライクリーニングは水洗いのできない服を、水を使わず洗濯する方法です。
水を使わずなにを使うのでしょうか?
それは有機溶剤と呼ばれる薬剤で、身近なところではマニキュアを落とす除光液も有機溶剤が使われています。
ドライクリーニングに使われる薬剤の種類は下記の二つがあります。


衣類についているタグには以下のような絵表示がありますので、それを見て適切なドライクリーニングを選択しましょう。

  洗浄力 服へのダメージ
パークロル
エチレン
石油系
溶剤

絵表示に見るドライクリーニングの選び方

ドライクリーニングの絵表示

どちらの溶剤を使用しても問題ありません。

ドライクリーニングに出す際は石油系溶剤を使用する

ドライクリーニングをする際は石油系溶剤を使用してください。
この表示のある衣類をパークロルエチレンで洗うと痛む可能性があります。
ちなみにデリケートな素材を使用している服は石油系溶剤が指定されていることが多いので、必ずクリーニングに出す際は「石油系溶剤でお願いします」と言って指定しましょう。

ドライクリーニングに使用してはいけない

このマークが付いていたらドライクリーニングはできません。
プリントや付属しているものが溶ける可能性があります。

ドライクリーニングにも落とせない汚れはある

汚れには「油汚れ」と「水汚れ」があります。
このうちドライクリーニングは油汚れに強く効果があります。
しかし、水溶性には効果が薄く、例えば汗に含まれる塩分は水溶性なのでドライクリーニングでは落ちにくいです。
そのため汗が付着するとわかっている夏服などでドライクリーニングしか出来ないものは避けるべきです。

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…
  2. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…
  3. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…
  4. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…
  5. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…

人気の記事

  1. 衣類のシワ
  2. 雨の日のファッション
  3. 大人女子会
  4. 膝掛け
  5. 女性用浴衣
ページ上部へ戻る