ドライマーク用洗剤で洗える生地と効果について

紫外線

汗を吸った衣類はこまめにケアしたいものの、費用が気になりますよね

衣替えの季節や、夏の衣類のお手入れを全てクリーニング店に出すと、かなりお金がかかりますが、お気に入りの服を永く大切に着るためにはこまめなケアは必須です。また、夏の衣類は汗をかくシーズンでもあるので、一度着用したら、お手入れはしっかりしなければなりません。
そこで、黄ばみや汗染みを防いで、清潔感のあるファッションを楽しむためのポイントとドライマーク用洗剤が使用できる生地についてご説明いたします。

ドライクリーニングと、水洗いの違い

ドライクリーニングは揮発性の薬剤を使用して水を使わないで汚れを落とす洗濯方法で、油脂の汚れは落ちますが、たんぱく質や汗などの水溶性の汚れが落ちないのが特徴です。
しかし、夏に着用した衣類で時間が経つと黄ばみが出てしまうのは、汗、たんぱく質の汚れが残っている事が原因です。そのため実は夏場の汗汚れにはドライクリーニングは適しません。
一方で、家庭で使用するドライクリーニング用洗剤を使った場合、これらの洗剤の成分は中性洗剤で水と一緒に洗濯するため汗、たんぱく質などの水溶性汚れを落とすことができます。
また、このドライ用洗剤は通常の洗剤よりも、防縮、色移り、型崩れしにくい工夫をしているので、おしゃれ着の洗濯にはおすすめです。

ドライ用洗剤で洗える生地と洗い方のポイント

ドライ用洗剤というと、ドライマークの付いた全ての衣類が洗えると思って失敗してしまう方も多いのではないでしょうか?レーヨンやシルクなど水に弱い繊維は、縮みや輪じみができてしまうので、クリーニング店や水洗い専門お店に任せたほうが良いでしょう。洗えるものは、ウールや麻、綿が洗えます。ドライマークの衣類でも、場合によっては洗うことができます。
ただし、ウールや麻、綿のニットや生地でも比較的プレーンなもの(モヘアなどの起毛素材、シワ加工やジョーゼットなど)やスパンコールやビジューなど、特殊な付属が付いたものも不向きです。

ジャケットやコートなどの、仕上げのアイロンが大変なものもクリーニング店に任せましょう。ただし、最近はアパレルメーカーで開発された、洗えるジャケットやアウターもあります。
洗い方のポイントは、必ず目立たないところで洗剤を使って色落ちしないか確かめる事が非常に重要です。洗濯機の場合は、ドライモードや手洗いモードで洗う事、それよりも手洗いのほうが、型崩れや縮みは防げます。洗った後は形を整えて平干ししてください。
ポイントを押さえてお気に入りの服を丁寧洗って永く着ましょう。

関連する記事
ドライクリーニングの注意点と仕組み

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…
  2. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…
  3. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…
  4. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…
  5. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…

人気の記事

  1. 膝掛け
  2. 大人女子会
  3. 雨の日のファッション
  4. 女性用浴衣
  5. 衣類のシワ
ページ上部へ戻る