衣類用洗剤の選び方

洗濯

衣類用洗剤の種類

洗濯用の洗剤には洗濯用石せっけんと合成洗剤があり、合成洗剤には弱アルカリ性と中性のものがあります。
洗濯用せっけんと合成洗剤の違いは、汚れを落とす役割を持つ界面活性剤を合成しているか否かにあります。洗浄力や使い勝手の良さは合成洗剤に分がありますが、環境への配慮などの観点から最近では洗濯用せっけんを洗濯する人も増えてきています。今回は合成洗剤中心の説明になりますが、最後に洗濯用せっけんの使い方についてもまとめますのでこれから使用を検討している方は参考にしてください。
それぞれの特性の違いを把握して正しく使用しましょう。

合成洗剤の種類と違い

合成洗剤には弱アルカリ性と中性洗剤があります。
弱アルカリ性の洗剤は、中性洗剤と比較すると洗浄力が強く、ドラッグストアなどの店頭でも主役として扱われている商品の大半が該当します。しかし、衣類に与える影響も洗浄力が強い分、もっとも強く、白さを際立たせるために蛍光増白剤入りのものが多いのが特長です。ただ、日常の普段着洗いに関してはそこまで心配する必要はないので、綿や麻、ポリエステス、ナイロンなどの普段着には弱アルカリ性の方が適しています。
中性洗剤は、洗浄力は劣りますが衣類へ与える影響は弱アルカリ性洗剤と比較すると少ないです。そのためデリケートな素材のおしゃれ着などを家庭で洗うときに適しています。絵表示に中性の文字が入っている場合は中性洗剤を使用しましょう

・弱アルカリ性洗剤に含まれている蛍光増白剤とは?
中性洗剤にも一部含まれていたり、弱アルカリ性洗剤の中でも含まれていないものも存在しますが、パッケージの成分欄に蛍光増白剤と書かれているものは蛍光増白剤入りの洗剤です。
蛍光増白剤は、白さを際立たせる役割を持った成分です。本来、白いはずのシャツの色味がくっきりとした白ではなくなってきている時などはうってつけの洗剤です。一般的には、蛍光増白剤が入っているからといってそこまで気にする必要はありませんが、蛍光増白剤のムラつきが原因で衣類の色が変わったように見えたり、シミになったように見える場合がありますので色柄ものに関しては無蛍光洗剤の使用をおすすめします。

液体?粉末?それとも部分洗い?【タイプ別の選び方】

洗濯用洗剤の形状は一般的には液体か粉末に分類されます。また、おしゃれ着用や部分用など用途に特化したものも存在しているのでそれぞれの特徴を押さえて選びましょう。
一般的な合成洗剤の場合、液体・粉末のどちらでも日常の普段着洗いに適しています。ただ、特徴として以下のような違いがあります。
・粉末タイプ
泥や食べこぼし、シミなど汚れに対する洗浄力が高い。衣類が汚れやすい学生のお子さんがいらっしゃるご家庭などに適しています。
・液体タイプ
汗や臭い、抗菌作用など特定の汚れに対する洗浄力が高い。部屋干ししても臭わないタイプのものもあるので、一人暮らしの方などに適しています。
ライフスタイルや普段発生しやすい汚れの種類によって、使い分けるといいでしょう。

・おしゃれ着用や部分洗い用の使用シーン
特定の用途に特化したものとしておしゃれ着用や部分洗い用などの洗剤が存在しています。それぞれ以下のような場合に適しています。
・おしゃれ着洗い用
ウールやシルクなどアルカリに弱い素材や色柄物などデリケートな衣類に向いています。

・部分洗い用
用途によってエリ袖用、靴下の泥、食べこぼし用などがあります。それぞれの汚れの成分に特化した洗剤なので、例えばエリ袖用を食べこぼしで使っても意味がありません。

洗濯用せっけんの使い方

環境への配慮などからせっけんの使用を検討されている方もいるかと思います。ただ、口コミを見ると、溶けにくい、カスが出る、などうまく行かない方も多い様です。
・洗濯用せっけんの使いやすさは水の硬度と温度で変わる?
洗濯用せっけんは硬度が50度を超えると溶けにくくなり、首都圏や九州では比較的硬度が高いのでせっけんの使用には向きません。
また温度も冷水では溶けにくいので残り湯など温水を使用したほうが良いでしょう。ただし、高い温度での選択は衣類にダメージを与える場合があるのでデリケートな衣類がある場合は気を付けてください。

・洗濯用せっけんで失敗しないポイント
洗濯用せっけんの失敗の多くは、せっけんが水に溶けないことにあります。ポイントは洗面器などで一度、40〜50度のお湯で溶いてから使用することをおすすめします。

【人気のお悩み解決記事】
オフィスの冷房対策
体を細く見せたい
気になる足の臭い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

服選びのポイント

  1. ノースリーブ
    気になる二の腕対策 夏になり、薄着の季節になると気になる二の腕、なかなか細くならないパーツで…
  2. 紫外線
    紫外線対策が必要な時期 紫外線が強いこれからのシーズン、衣類や帽子で紫外線を浴びない工…
  3. ニットのワンピース
    気になる体のラインを服で細く見せたい せっかくおしゃれをしても、スタイルが良く…
  4. 大柄な女性
    肩幅が広いor体が大きくても似合うファッションは? 小柄な女性には羨ましい背の高い女…
  5. 悩む女性
    小柄でも似合うファッションは? せっかくファッションを楽しむのであれば、自分に似合…

人気の記事

  1. 大人女子会
  2. 衣類のシワ
  3. 膝掛け
  4. 雨の日のファッション
  5. 女性用浴衣
ページ上部へ戻る